Drone School Japan 伊勢志摩校

ドローンを飛行させるには

POINT1ドローンを飛ばすための条件(規制)

ドローンを飛ばすための条件は?(規制)

ドローンの規制に関して説明します。ドローンは改正航空法によって規制されています。
まず、ドローンの飛行について、結論から言うと、どこでも好きな場所で飛行させていいわけではありません。
しかし、なかには、大丈夫だろうと自由に飛行させている人がいるのが現状です。

では、飛行させることができない場所はどこなのか?ドローンには、様々な法律が関わっています。
まずは法律によってドローンの飛行禁止が規制されているのは、以下の3点です。

  • 空港周辺
  • 人口集中地区
  • 150m以上の空域

また飛行させるための条件もあります。以下は禁止されています。

  • 夜間での飛行
  • 目視外での飛行
  • 第三者の人・物件より30m未満の距離での飛行
  • 催し場所での飛行
  • 危険物輸送
  • 物件投下

上記以外の飛行禁止場所については、東京都・愛知県・大阪府などでは、すでに県立公園でのドローン飛行は条例により禁止されています。その他の県においても、条例等により公園でのドローン使用を禁止されている場合があり、安全のためにも、公園でのドローン飛行はやめましょう。公共の場であり、子供たちがたくさんいるので大変危険です。

では、どこであればドローンを飛ばせるのかというと上記の飛行禁止場所・条件に当てはまらない場所、または、飛行禁止場所に対して国土交通省に飛行許可申請書を提出し許可をもらうことです。しかし、場所によっては、許可をもらうのは難しく、時間がかかります。さらには、航空法についての知識がなければ提出することが困難であるといった現状です。
皆さんもドローンを飛ばす際は、きちんとしたルールを守り、安全に飛行させてください。

 

POINT2資格取得することによるメリット

◆安全なドローン運用◆
資格取得を可能にする「正しい知識と確かな技量」を身に付けることは、パイロットご自身とその周囲を含め、他に代えられない安全への第一歩となります。

 

◆自身の操縦技量のアピール◆
お仕事などの依頼要件には”資格を有していること”が増加しているため、資格取得者は有利となります。
(空撮、散布、測量など)

 

◆飛行許可申請時の証明◆
国土交通省へ飛行許可申請をする際に、操縦者の安全運行管理能力や操縦技量の証明となり、申請資料の簡略化・申請の通過率向上に繋がります。

 

※DSJ伊勢志摩校は、国土交通省管理団体であるドローン操縦士協会(DPA)の認定校で、国交省航空局発行の「無人航空機 飛行マニュアル」に基づいた操縦訓練を行っており、当校中級コースを修了すると、ドローン操縦士協会(DPA)回転翼3級資格を取得することが出来ます。

 (別途認定申請料15000円(税込)が必要となります。)

 

国交省登録管理団体 一般社団法人ドローン操縦士協会(略称:DPA ディーパ)
ドローン航空業界の安全確保に努め、当該技術・知識の普及と諸般の研究調査を行い、ドローンの健全な発展を促進しています。また、ドローン操縦技術に関しての認定ライセンス制度を構築し、ドローンの先なる時代の航空保全のための教育事業活動も行っています。

 

POINT3ドローンスクールに通う必要性

ドローンスクールに通う必要性

そもそも、ドローンを飛行させるにあたって「免許」「資格」は不要です。
では、何のためにドローンスクールが存在するのか?
ドローンスクールをざっくりと言うと、「ドローンを操縦する上で必要な知識や技術を学べる場所」です。
ドローンスクールでは、法律知識や基礎的な操縦技術を身につけることができます。

どのような人がスクールに通うのか?前述したように、ドローンは誰でも操縦することができます。

ただし、航空法の対象になっているため違法すると罰金刑になったり、操縦スキルがないと紛失や衝突させてドローンを壊してしまう可能性があります。また、墜落させ、他人へ危害を加える可能性も大いにあります。何かあってからでは、取り返しがつかないこともあります。

当スクールへ受講されるお客様の中には、ドローンでご自身がお怪我をされた方、ドローンを墜落・破損させてしまった方など、怖い思いをされてからお越しになる方も少なくありません。
ドローンの綺麗な空撮映像の裏には、たいへん危険な部分も隠れています。

「一から基礎を学びたい」、「会社で使用するためきちんとした知識・技術を身につけたい」、「練習する時間がなく、すぐに操縦技術を習得したい」と考えている方にはドローンスクールはとっておきの環境となっています。

「基礎からドローンについて学びたい」、「実務に活かすため専門的な知識や技術を学びたい」など
ドローンについて学びたいと考えている方は、是非ドローンスクールへ受講してみてはいかがでしょうか。